« 2016年3月 | トップページ | 2016年10月 »

bird。



綿菓子トッピングという不思議ラーメンで、こちらも念願のお店。
限定濃口880円也。
普通のラーメンでも濃厚な鶏ガラスープですが、濃口はさらに粘度がすごい。天一かと思うぐらいのポタージュ感です。
麺はやや縮れの中太麺。
具は角煮チャーシューと三つ葉。角煮の上に綿菓子が乗ってるので甘ー!なんですがイヤな感じは無いです。

あともう一つ衝撃的だったのが最近始めたらしい生ビールに綿菓子トッピング(笑)

こちらもシャンディガフみたいな感じで美味いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一暇なラーメン屋。



前回フェスティバルホールに来た時はリニューアル中で食べられなかった念願のお店です。
CAPTAIN GOLD COME BACK840円也。豚丼200円也。

メニューが名前も説明も詩的で面白いです。

淡口醤油スープに鰹の香味油が層を作ってますが、提供時には巨大なチャーシューで隠れてます(笑)
スープ自体はスッキリしたものですが、香味油でかなりパンチある感じに仕上がってます。いい具合の辛さと、ほんのり柚子がきいてます。
麺は全粒粉入りの細め平打ち麺。ツルッといけて美味しいです。
丼が深いタイプで麺量は少なめですね。大盛にして豚丼とセットでちょうど満足という感じ。
チャーシューはホロホロで箸ですぐ崩れるぐらい。他に穂先メンマ、カイワレ、糸唐辛子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五代目けいすけ。



金沢フォーラス内の塩専門店。
あっさりの琥珀とこってりの白湯がありますが、塩らーめん琥珀トッピング全部のせ1020円也。
大盛120円特盛240円也。

タジン鍋のような器でスモークの煙を閉じ込めた状態で提供されます。チップは日替わりだそう。
鶏と昆布に鰹節を加えたスープはあっさりですが味濃いめでけっこうパンチあります。塩ならもうちょい薄味の方がより上品になると思うんだけどな…。
麺は全粒粉入りの平打ち麺です。
スモークの香りは一瞬で消えますが、味玉とチャーシューもスモークされてるので全体のバランスが良くまとまってます。
具はあと穂先メンマが入りますがこちらも美味でした。
割高感はありますが美味しかったので星4つ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風来堂。



豊平公園近くにあるお店。
中華そば醤油700円也。
ナルト、細メンマ、かためのチャーシューと、雰囲気は支那そばな感じですが、油がしっかりしていてスープは熱々です。煮干もほんのりきいていていい感じ。
麺は細めのちぢれ麺。
良い感じにまとまった一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いそのかづお。



すすきののお店ということで、営業時間は22:00〜27:00(笑)
カウンター6席のみの極小店です。

札幌ブラック800円也。
けっこうお高めですが、酔っ払ってると大丈夫そうです(笑)
富山ブラックかと見紛う代物ですが、美味しいです。背脂は少なめで、ニンニクのきいたパンチのある醤油スープです。
麺は日の出製麺の太ちぢれ麺。
具もチャーシュー、メンマ、もやし、キクラゲ、ゆでたまごとボリューム満点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボノボ。




梅が丘初上陸記念。行列のできない激うまラーメン店としてテレビで紹介されたことにより並ぶ店になってしまったようです(笑)

魚介とんこつ780円也。大盛は150円也。
自家製和風XO醤とクリーミーな豚骨のWスープに魚介香る油が浮いてます。確かに粉より口当たりがなめらかになりますね、これは美味しいです。
麺は中太のちぢれ麺。大盛だとボリュームあります。
具はチャーシュー、穂先メンマ、水菜、のり、白髪ねぎ。

ラーメン自体はかなりイイ感じですが、他のお客さんに対する接客がちょっと残念でした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

用心棒 本号。




久々の新規開拓です。
東大前の二郎インスパイアで有名なお店。
回転がなかなかゆったりで店に入ってから30分ほど待ちました。
ラーメン中盛780円也。豚1枚追加で90円也。

トッピングにショウガが最初からラインナップされてるのは嬉しいですね。
ショウガ、辛あげのみコールして写真の通りです。
この辛あげ、唐辛子まみれのあげ玉なんですが、けっこう後からくる辛さで、最終的に滝汗になりました。。。美味いけど(笑)

麺は平打ちの極太です。スープはカエシもきつ過ぎなくて好きな感じでした。

店内待ち3人目で1時間弱時間がかかるのはちょっとなぁというわけで星4つです。ラーメン自体はかなりイイです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年10月 »